インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

即日インプラント(そくじついんぷらんと)

インプラント治療に関わる業界では、研究開発が猛スピードで進んでおり、最近良く行われるようになった即日インプラントもその一つといえます。従来行われていた一回法や二回法ではインプラント体を埋入し、骨との結合が完全に確認できるまでの数ヶ月間は上部構造を装着することが出来ませんでした。しかしこの即日インプラントはインプラント体の構造に工夫がされ、埋入したその日から負荷がかかっても、従来のインプラント体とは異なり骨との結合を阻害されることがないため、埋入の当日から仮の上部構造を装着できます。埋入処置の際に歯茎の切開や縫合は必要ですが、仮歯がすぐに入るため軟らかい食物ならその日から十分食べることが出来ます。

ただ仮歯を装着できるからといって骨結合が出来ているわけではなく、極めて不安定な状態であるといえます。そのため口腔内の衛生管理には十分に気を配り、普通に食事もしながらインプラント体と骨との結合を待ちます。埋入から1週間から2週間のうちに治療箇所の消毒や必要があれば抜糸をし、定期的なチェックを月に一度くらいの割合で行います。数ヶ月して骨との結合に問題がなけれぱ本歯の型をとり、出来上がったものを装着すれば完了です。

埋入当日から仮とはいえ歯のある生活ができ、食事にも不自由がないという点だけでも、患者の感じるストレスは大幅に減少すると考えられており、この治療法が今後のインプラントの常識を大きく変えていくかも知れません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.