インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一回法(いっかいほう)

口腔内検査、レントゲン検査、必要ならばCT検査を行い、骨の厚さや高さを計測してインプラント体の埋入本数や位置を決めます。一般的には局所麻酔をして歯肉を切開し歯槽骨にドリルで穴を開けます。そこにチタンやチタン…

»詳細を見る

二回法(にかいほう)

一回法ではインプラント体の頭の部分を露出させて骨との結合を待ちますが、二回法では埋入までの手順は一回法と同様に行われ、その後インプラント体だけを埋入した段階で歯肉を縫合します。2~6ヶ月骨との結合を待って十…

»詳細を見る

GBR法(じーびーあーるほう)

歯周病や抜歯跡を長期間放置したことによって吸収や破壊が起こってしまった歯槽骨を再生させるための一つの方法Guided Bone Regeneration(骨再生誘導術)の略称です。

骨よりも回復力が優れている歯肉などの軟らかい組織が混入し、本来骨が回…

»詳細を見る

自家骨(じかぼね)

インプラント治療を受けるための一番の要件はインプラント体を埋入する歯槽骨に十分な幅と高さすなわち量があることです。埋入に必要な骨の量が足りない場合、身体の他の部分から採取した骨を移植することが行われます…

»詳細を見る

骨補填材(こつほてんざい)

骨の再生を目的として用いられる材料のことです。移植骨採取のための手術が困難な人、自家骨を少ししか採取できない人など様々な理由でインプラント体埋入のための骨量が不足する場合、必要量を確保するために単体、或…

»詳細を見る

サイナスリフト

インプラント治療の際、インプラント体埋入には十分な幅と高さのあるしっかりした歯槽骨が必要です。ところが上顎臼歯の上部には副鼻腔の一部で、上顎洞と呼ばれる空洞があります。この空洞の底は臼歯の歯根とごく薄い…

»詳細を見る

ソケットリフト

サイナスリフトが水平方向での増骨手法であるのに対し、ソケットリフトは垂直方向での増骨手法といえます。

歯槽骨のインプラント体埋入位置にドリルで穴を開け、上顎洞底部に約1ミリ厚さの骨を残します。専用の器…

»詳細を見る

無切開インプラント(むせっかいいんぷらんと)

インプラント体埋入に際して、歯茎を切開し歯槽骨をむき出しにし、骨の状態を確認しながら埋入箇所にドリルで穴を開けインプラント体を埋入する治療法が一般的です。この無切開インプラントと呼ばれる治療法は、従来の…

»詳細を見る

即日インプラント(そくじついんぷらんと)

インプラント治療に関わる業界では、研究開発が猛スピードで進んでおり、最近良く行われるようになった即日インプラントもその一つといえます。従来行われていた一回法や二回法ではインプラント体を埋入し、骨との結合…

»詳細を見る

All-On-4(おーるおんふぉー)

一本も歯がなくて現在総入れ歯を使用しその装着感に満足のできない人、歯周病や虫歯でわずかに残っていた歯も抜かなければならない人などを主な対象として開発されたインプラント治療の一つです。

一回法や二回法…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.