インプラント

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エナメル質(えなめるしつ)

歯の構造は一様ではなくエナメル質という人間の体の中でも一番硬い組織が歯の部分の内、歯肉の上から出ている歯冠部の表面を覆っています。

リン酸化カルシウム(ハイドロキシアパタイト)が大部分を占め、残りの数パ…

»詳細を見る

象牙質(ぞうげしつ)

顎の骨の中でエナメル質を形成するエナメル芽細胞と、ほぼ同時進行で象牙芽細胞によって作られる象牙質はエナメル質に比べればやわらかく、骨よりは硬い性質を持っています。70%がハイドロキシアパタイト、20%が膠原繊維と非…

»詳細を見る

セメント質(せめんとしつ)

歯の歯冠部で象牙質を覆っているのはエナメル質であり、歯根部においてその役割を担っているのがセメント質です。

骨と同程度の硬度を持ち60%を占めるハイドロキシアパタイト等の無機質、主たるたんぱく質がコラーゲ…

»詳細を見る

歯髄(しずい)

一般的に歯の神経と呼ばれており、象牙質で囲まれた歯髄腔を充たしている血管性の結合組織のことをいいます。

歯髄には圧力に対する感覚や温度に対する感覚はなく、熱さ、冷たさもすべて痛みとして伝わる痛覚しか…

»詳細を見る

歯槽骨(しそうこつ)

字の通りに解釈すると歯の入れ物である骨、すなわち歯を支えている顎の骨をいいます。歯の組織の中で歯根部にあるセメント質が束になって入り込んだ歯根膜(歯周靱帯)と共に歯をこの歯槽骨にくっつける役目を果たしており…

»詳細を見る

歯肉(しにく)

口腔内粘膜の一部でその部位によって付着歯肉、遊離歯肉、乳頭歯肉に区別されていますが一般的にいう歯茎(歯ぐき)のことで歯槽骨を覆っており保護する役目を持っています。

正常な歯肉はきれいなピンク色をしており…

»詳細を見る

歯間(しかん)

空隙歯列(すきっ歯)などと呼ばれ顎の骨の大きさに対して極端に歯が小さい、先天的に歯の数が少ない、或いは歯科治療で抜歯をして歯の数が減りそこに周囲の歯が動いて隙間が出来たなどという例を除けば、一般的に健康な歯…

»詳細を見る

歯並び(はならび)

歯列のことで、大人の場合32本ある歯が通常は半数ずつ上顎と下顎それぞれの歯槽骨の上に一列に並んで生えている状態を指します。

上顎は半楕円形を描いて、下顎は放物線形で並んでおり噛み合わせると上顎の歯列がわ…

»詳細を見る

上顎洞(じょうがくどう)

左右上顎の第一大臼歯(歯の正中から6番目)の歯槽骨の上の眼窩側で、第一大臼歯の歯根に近いところに鼻腔と繋がっている空間がありこれを上顎洞と呼んでいます。

主に鼻腔の機能を補助する働き、吸った空気を温め湿り…

»詳細を見る

鼻腔(びこう)

鼻は「外鼻」鼻の外側の形を指し表面が皮膚に覆われ最下部には2個の鼻孔(鼻の穴)があり、下半分が軟骨上半分は頭の骨と繋がっている骨で中の構造を支えています。

「鼻腔」は鼻中隔によって左右の2室に分けられ鼻孔か…

»詳細を見る

口腔(こうこう)

食物を咀嚼して摂取する消化管の最初の部分で、唇から頬の内側の粘膜と歯の間にある口腔前庭と固有口腔と呼ばれる歯列の内側の空間で構成されており、この二つは歯列によって二分されています。

歯を除いた組織は…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.